バナー

一戸建ての不動産を売却する際に重要なポイント

一戸建ての不動産を売却する際には、予め重要なポイントを押さえておく必要があります。

ここでは一戸建てを売却する際に重要なポイントについてお話致します。
先ず最初に、不動産の売却時には、所有している資料の確認が必要です。一戸建ての場合は、集合住宅とは異なり、売却時に必要な資料を売主が保管している事が前提となります。

新築で購入された方は建築時の資料を確認し、中古で購入された方は、前の所有者から譲り受けた資料を確認する事が必要です。

一戸建てを売却する際に必要な資料は非常に多く、建築時の届出、工事の記録、仕様書、建築時の図面、保証書など数多くのものがあります。万が一必要な資料が見つからない場合は、不動産会社や施工会社に連絡を取り、これらの書類を準備する事が必要です。

そして、不動産売却では、これらの資料を売却を依頼する不動産業者に確認してもらい、売却に必要なポイントを確認してもらう必要があります。
そして、これらの必要書類から、建物が法律に基づき建築され、用途が守られているかどうかを確認します。

これらのポイントは購入希望者が購入を決める前に確認する重要なものとなります。
特に、建物の建築時に関する基準は、土地の面積に対し建築物の面積の上限が守られているかどうか、土地の面積に対する建築延床面積の上限などが守られているかどうかも重要なポイントとなります。


このように一戸建てを売却する際に確認したいポイントには、このような特徴があります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10129451520
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109795855
http://okwave.jp/qa/q8045464.html



香川の新築について考察してみましょう。

目的に応じて神戸の中古の欲しい情報が手に入りました。



話題になっている高松の戸建ての有益情報にあふれているサイトです。